さよなら△またきて◻︎

典型的ネット弁慶の巣窟

ぼくがかんがえたさいきょうのグループワーク

f:id:airtom:20171116123637p:image

 

ども。Airtomです。

 

突然ですが、僕はグループワークなるものをかれこれ半年以上しております。内容は「ECサイトの制作」といったものです。僕はそこで「Web開発」を担当しています。

 

今回は、そんなグループワークの技術的な話ではなく、グループワーク「そのものの取り組み方」のお話です。

 

今回のお話は私の独断と偏見にまみれています。「あれ?それはおかしくない?」と思ったところがございましても、読者のみなさんでそれぞれ取捨選択してくださいまし。

 

◾︎グループワークでしてはいけないこと▪️

 

・仕事をキッチリ同じ量になるように分割する

 

これ、実はマズイです。

人によって、得意な仕事、苦手な仕事って必ずあると思うのです。終わるタイミングに大幅なズレが出来てしまうならば、その作業が得意な人は多めに振る、グループワークを休みがちな人、苦手な人には少し振るが僕的にはいいと思います。

不公平だ!と思う気持ちもわかります。でしたら、今回不得意だった方が得意な作業になったら多めに振ればいいと思います。逆もまた然りです。

 

・欠席をする

 

説明するまでもないかなと思います。

ある程度の体調不良であるならば、出席だけでもしておくべきと考えます。仕事ができる状態でなくても、していることを確認するだけでもグループワークの進捗は大きく変わります。

休んでしまった場合は、休んだ間の事の伝言は忘れずに。リーダーが休むのは絶対にマズイですので、出来るだけ避けてください。

 

・基本的な会話をslackやchatworkなどで行う

 

声を出しても良い環境下であるならば、出来るだけ肉声で会話をすべきです。ログとして会話の内容が残るのはいいと思うのですが、「会話に参加しなくていい、聞き流せる」という状況を作り出してしまうのは大変危険かと考えます。実際にメンバーと相談をして、内容は議事録などにまとめるのがベストです。

 

・仕事中に寝る

 

寝るな。

 

・仕事が終わったからといって別のことをする

 

一人だけ暇になるなんて状況がまずおかしいです。仕事が済んだから、やるべきことはしたからと、ネットサーフィンなどに耽っていては、それを見てしまった他のメンバーのやる気を失わせ、本人への視線も厳しくなると考えます。

 

・グループワークの愚痴をTwitterで言う

 

チラ裏。

 

うまくいかないからといって怒る

 

僕もつい最近してしまったのですが、今思い返せば、雰囲気が悪くなるだけでなんの意味もありません。ムカつくことがあっても、言ったことをメンバーがしていなくても、落ち着いて指摘すべきです。この項に関しては僕自身への啓発も込めて書き綴ります。

 

▪️グループワークでやるべきこと▪️

 

・「報告、連絡、相談」

 

ほう、れん、そう!

グループ全体で情報を共有、なにかあればすぐに連絡、わからないことがあれば突っ走らずすぐに相談。これ意外とできていなかったりします。一番大事ですからね。カバンさんも言ってたよ。「困難は群れで分かち合え」って。これができなくてなにがグループワークですか。リーダーはこれを班員に徹底して行わせるべきと考えます。

 

・感謝の言葉

 

グループメンバーであろうと同じです。何かしてくれたら「ありがとうございます」。何かを頼むときは「お願いします」。なにかミスをしてしまったら「すみません」。言うことが大事だと思います。いくら気持ちだけあっても、他人には伝わりにくいものです。

 

▪️グループリーダーがすべきこと▪️

 

・仕事は軽めのものにしておく

 

いつでも席を外してメンバーの進捗を確認できるくらいの仕事をしてください。少し暇だな〜くらいでも大丈夫です。メンバーの進捗を確認し、それによって臨機応変に対応することはリーダーにしかできない大変大きな、重要な仕事です。それを仕事によって怠ってしまっては本末転倒です。

 

 こんなところでしょうか。

この記事は気付いたところから増えたり消えたり揺れたら震えたりするので、更新するたびに見てくれたら嬉しいです。

 

それではっ!