林檎と餡蜜

典型的ネット弁慶の巣窟

ルートビアの魅力を紹介させてくれ

どうも。Airtomです。

 

ルートビアを紹介をします。

 

f:id:airtom:20170823151318j:plain

 

こいつ。こいつがルートビア。見たことありますか?パッケージの見た目はビールのようですが、アルコールは一切入っていないので誰でも飲めます。

 

よく「ドクターペッパー」とか「インカコーラ」とかと一緒に店頭に並べられてると思います。ドクターペッパーは流石に聞いたことありますよね?白衣を着た平等院鳳凰堂みたいな名前の科学者が愛飲しているやつです。

 

ちなみに、子供の頃はドクターペッパーも苦手でした...

 

 

 

■そもそもルートビアって

 

一口で紹介するならば、「アルコールを含まない炭酸飲料の一種。商品としてのルートビアは、アメリカ合衆国において19世紀中頃に生まれたとされる。バニラや、桜などの樹皮、リコリスの根、サルサパリラの根、ナツメグ、アニス、糖蜜などのブレンドにより作られる。」です。

 

なんかヤバい感じがしませんか?

 

もっと詳しく知りたい方はウィキペディアアンサイクロペディアのURLを貼っておくので、そちらをチェックしてください!

 

ルートビア - Wikipedia

 

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/ルートビア

 

 

■僕とルートビアとの出会い

 

僕が小学五年生の頃、近所の模型店でミニ四駆をしていた時に、同じミニ四駆仲間のおじさんが差し入れとしてルートビアを持ってきたのがはじまりですね。

 

あまりにもおじさんが美味しそうにゴクゴクと喉音を鳴らしながら飲むものですから、もうそんなの見たら僕も飲みたくなりまして...

 

「おじさん!僕もそれ飲みたい!(無垢な笑顔)」

 

と頼み込んで一本いただきました。ちなみに、その頃の僕はドクターペッパーなんて飲んだこともなく、あまあまジュースばかり飲んでいました。Qooとか。

 

早速飲んではみたのですが、先ににおいを嗅ぐべきでした...

 

 

 

「ヴォエ!!!!!」

 

 

 

「ヴヴ...ウ...(余韻」

 

リアルに吐きました。もう怒りすら湧いてしまった僕は空のルートビア

 

f:id:airtom:20170823153241p:plain

 

こう!!!!

 

 

■結局どんな味がしたのか

 

味、匂い共にサロンパス。これ以上に適したたとえが浮かびません。他ならぬサロンパスです。

 

「味がサロンパスて、お前サロンパス食ったことあるのか」とおっしゃるかもしれませんが、きっとサロンパスはこんな味です。

 

子供のころの僕にはあまりにも衝撃的でゲロマズドリンクでした。

 

飲めなかった分はおじさんにあげました。残してごめんなさい...

 

 

■そして時は流れて現在

 

今や僕は齢19。味覚もだいぶ変わりました。もうすぐお酒が飲めます。子供の頃は嫌いだったピーマン、ナスも笑顔で食べられます。セロリはいまだに食べられません。

 

「今ルートビアを飲んだら、あのおじさんのように美味しく飲めるのではないか?」

 

と、ある日思ったのです。今はドクターペッパーも飲めるしね!

 

 

■飲んでみた

 

やっぱサロンパスくせぇ!くせぇ!でも飲める!美味しい!なにこの中毒性!ルートビア飲む手が止まんねぇ!なんだこれ!

 

 

■まとめ

 

ルートビアを飲んだら、美味しく飲むことができました。それどころか、下手したらどハマりする飲み物と化していました。

 

みなさんも飲んでみてください。お口に合おうと合わまいと、いい経験になると思います!

 

やっぱり味覚は大人になるに連れてガラッと変わりますね。これを機に、子供の頃は全く食べられなかった物を食べてみようかなと思います。餅とか。

 

それでは!

 

p.s

 

ジョギング中にモッサリ雑草が生えているのを見つけました。

 

f:id:airtom:20170904081103j:image

 

見てください。この生命力。雑草なのにただならぬ力強さを感じます。「緑道でも俺は生き続けてやるんだ!」という声が聞こえてきそうです。

 

f:id:airtom:20170904081217j:image

 

ざっそう