林檎と餡蜜

典型的ネット弁慶の巣窟

【魔剤】友達からヤバイものをいただいたので、レビューする

当記事は、著者であり大の魔剤好きであるAirtomのあまりの興奮により、全体的に語彙力が著しく低下している上、ちゃっかり2000文字分の長さの記事になります。

何卒、ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、ヤバイもん来たわこれ。これはマジでヤバイ。

 

最高にCOOLでヤバイ、俺の数少ない友達からかねてからお土産に頼んでいたヤバイものを頂いた。流石だ魔剤のチョイスがヤバイ。本当に感謝している。ありがとう。

 

f:id:airtom:20170906221000j:plain

 

ヤバイ

 

これはヤバイ

 

この見たこともないヤバイデザインヤバイ容量(473ml)、一目で伝わるこのヤバさ

 

こいつらはあまりのヤバさ(カフェインの量の問題)から日本には置いてねぇ!!欲しければ、米軍基地の開放を待つか、アメリカに行ってくれ!行きてえ!

 

今回は比較的ヤバイ方を飲んでみようと思う。

 

ちなみに、この記事はそのヤバイのを飲みながら書いている。キーボードを打つ両手の挙動がヤバイ。

 

 

 

比較的ヤバイ方

 

今回は一際ヤバイ

 

「MONSTER ENERGY ULTLA BLACK(モンスターエナジーウルトラブラック)」

 

を飲んでレビューしていきたいと思う。

 

f:id:airtom:20170906221706j:plain

 

ヤバラ。(ヤバ→ヤバラ→ヤバダ→ヤバガ→ヤバジャ)

 

改めてみても伝わるだろうかこのヤバさ。まずブラックを基調とした魔剤の目新しさ、その中にあるシルバーとレッドのアクセントがよりヤバさを際立てている。

 

これはヤバイ。飲む前からわかる。

 

こいつの「内なるヤバさ」が俺にひしひしと訴えかけてきている。

 

なによりこれを見てほしい。

f:id:airtom:20170906222937j:plain

 

ヤバイ。

 

ヤバイぞこれは。このワンポイントなプルタブ。こいつはデザインに余念がない。こいつはヤバイ。期待大だ。

 

早速飲んでいきたいところなのだが、その前にしなければいけないことがある。

 

 

 

 

ヤバイコンディション

 

そう。まだこいつにはヤバさが足りない。そして俺にもヤバさがない

 

こいつと正面から向き合うには、俺自身もヤバイ状態である必要がある。

 

いや、ヤバイ状態でなければいけない

 

まずは、冷蔵庫の中身がすべてこいつに浸食されてしまうのではないかという不安を顧みず、こいつを冷蔵庫にぶち込む。

 

こいつは冷やせば冷やすほどヤバさが増すのは皆さんもご存じのはず。

 

そして俺。まだ身体がヤバくない。まだこいつを死ぬほど欲していない。

 

まずはヤバイ風呂(37~38℃)ヤバイ時間(20~25分)入る。

 

こうして身体を※ヤバイ状態へと追い込む。マネするときはマジヤバい状態(湯冷め)にならないように気を付けてくれ。

 

※身体の水分が少なく、本日の疲れがほぼ完全に取れた状態。

 

風呂上がりの一発目にこのヤバイのを体内に取り込むことによって、最高にヤバイ状態を作り出す算段である。

 

こんなことをして大丈夫か俺は。死ぬのではないか?ヤバイのではないか?

 

 

■ヤバイ風呂を終えて

 

もう俺のコンディションは今作り出せる最高の状態に達している。ヤバイ。これはヤバイ(喉がとても乾いた)

 

早速ヤバイこいつを冷蔵庫から取り出し、開封をしていく。緊張で手がヤバイ(手汗)

f:id:airtom:20170906224247j:plain

 

ヤバガ。(ヤバ→ヤバラ→ヤバダ→ヤバガ→ヤバジャ)

 

うっかり中身を少しこぼしてしまったのだが、なんだこの色は。想像していた色よりもヤバイ赤紫だ。こいつはますますヤバイ感じが出てきたぜ。匂いも申し分なくヤバイが、そこまでヤバイ匂いはしない。いつもの魔剤特有のヤバイ匂いだ。

 

 

 

■ヤバイのを飲んでいく

 

今回ヤバイのを飲むにあたって、色が見やすいようにヤバイグラス(無駄に重い、謎の気泡、手作り体験で作ったかのような歪さ)を用意した。

f:id:airtom:20170906224732j:plain

 

今からこのヤバイグラスにヤバイものが注がれる。想像しただけでヤバイぜ。

 

さあ注ごう。ヤバイぞ。

 

シュワワワワ....

 

f:id:airtom:20170906225317j:plain

思ってたより泡立つし、今までの勢い返してくれ....

 

オオオオオォオオ......ォォオ...(余韻)

 

 

 

■飲んでみた感想

 

シュワシュワと注がれた魔剤を見てなぜか冷静さを取り戻しました。

 

味は色の通りベリーですね。それも少し甘いブラックベリー。少し前にプライベートで食べたブラックカラントと似た味です。

 

厳つい見た目とは裏腹にサラサラ飲みやすい濃さになっています。

 

驚いたのは、海外の飲み物にしてはあまりにもすんなり口に合ったところです。

 

多かれ少なかれ、食文化の違いによって味によるカルチャーショックが起きると思っていたのですが、それがほとんど、いや全くありませんでした。

 

まるではじめから日本にあった飲み物を飲んでいるようでした。

 

これだけ甘いと糖質が心配だったのですが、砂糖0、カロリーゼロなのですね。これならたくさん飲んでしまっても安心です。カフェインを気にしなければ。

 

これは僕の好きな魔剤の中でもトップの美味しさだと思います。少なくとも、日本にあるどのモンスターよりも美味しいと自負しています。

 

丁度良い味の濃さ、お洒落さもあってか、すぐ飲み切ってしまいました...。今夜寝られるか心配です。

 

これはカフェイン量を減らしてでも日本に輸入してほしいです。切実に願っています。

 

 

本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

もう一つの方もできたら記事にして上げていきたいと思います。

 

今回はここまで!

 

それでは!

 

p.s 執筆中に何回もトイレに行ったので、カフェイン量はえげつないと思います。飲む際はくれぐれも飲みすぎないように注意してください。

 

 

ルートビアの魅力を紹介させてくれ

どうも。Airtomです。

 

ルートビアを紹介をします。

 

f:id:airtom:20170823151318j:plain

 

こいつ。こいつがルートビア。見たことありますか?パッケージの見た目はビールのようですが、アルコールは一切入っていないので誰でも飲めます。

 

よく「ドクターペッパー」とか「インカコーラ」とかと一緒に店頭に並べられてると思います。ドクターペッパーは流石に聞いたことありますよね?白衣を着た平等院鳳凰堂みたいな名前の科学者が愛飲しているやつです。

 

ちなみに、子供の頃はドクターペッパーも苦手でした...

 

 

 

■そもそもルートビアって

 

一口で紹介するならば、「アルコールを含まない炭酸飲料の一種。商品としてのルートビアは、アメリカ合衆国において19世紀中頃に生まれたとされる。バニラや、桜などの樹皮、リコリスの根、サルサパリラの根、ナツメグ、アニス、糖蜜などのブレンドにより作られる。」です。

 

なんかヤバい感じがしませんか?

 

もっと詳しく知りたい方はウィキペディアアンサイクロペディアのURLを貼っておくので、そちらをチェックしてください!

 

ルートビア - Wikipedia

 

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/ルートビア

 

 

■僕とルートビアとの出会い

 

僕が小学五年生の頃、近所の模型店でミニ四駆をしていた時に、同じミニ四駆仲間のおじさんが差し入れとしてルートビアを持ってきたのがはじまりですね。

 

あまりにもおじさんが美味しそうにゴクゴクと喉音を鳴らしながら飲むものですから、もうそんなの見たら僕も飲みたくなりまして...

 

「おじさん!僕もそれ飲みたい!(無垢な笑顔)」

 

と頼み込んで一本いただきました。ちなみに、その頃の僕はドクターペッパーなんて飲んだこともなく、あまあまジュースばかり飲んでいました。Qooとか。

 

早速飲んではみたのですが、先ににおいを嗅ぐべきでした...

 

 

 

「ヴォエ!!!!!」

 

 

 

「ヴヴ...ウ...(余韻」

 

リアルに吐きました。もう怒りすら湧いてしまった僕は空のルートビア

 

f:id:airtom:20170823153241p:plain

 

こう!!!!

 

 

■結局どんな味がしたのか

 

味、匂い共にサロンパス。これ以上に適したたとえが浮かびません。他ならぬサロンパスです。

 

「味がサロンパスて、お前サロンパス食ったことあるのか」とおっしゃるかもしれませんが、きっとサロンパスはこんな味です。

 

子供のころの僕にはあまりにも衝撃的でゲロマズドリンクでした。

 

飲めなかった分はおじさんにあげました。残してごめんなさい...

 

 

■そして時は流れて現在

 

今や僕は齢19。味覚もだいぶ変わりました。もうすぐお酒が飲めます。子供の頃は嫌いだったピーマン、ナスも笑顔で食べられます。セロリはいまだに食べられません。

 

「今ルートビアを飲んだら、あのおじさんのように美味しく飲めるのではないか?」

 

と、ある日思ったのです。今はドクターペッパーも飲めるしね!

 

 

■飲んでみた

 

やっぱサロンパスくせぇ!くせぇ!でも飲める!美味しい!なにこの中毒性!ルートビア飲む手が止まんねぇ!なんだこれ!

 

 

■まとめ

 

ルートビアを飲んだら、美味しく飲むことができました。それどころか、下手したらどハマりする飲み物と化していました。

 

みなさんも飲んでみてください。お口に合おうと合わまいと、いい経験になると思います!

 

やっぱり味覚は大人になるに連れてガラッと変わりますね。これを機に、子供の頃は全く食べられなかった物を食べてみようかなと思います。餅とか。

 

それでは!

 

p.s

 

ジョギング中にモッサリ雑草が生えているのを見つけました。

 

f:id:airtom:20170904081103j:image

 

見てください。この生命力。雑草なのにただならぬ力強さを感じます。「緑道でも俺は生き続けてやるんだ!」という声が聞こえてきそうです。

 

f:id:airtom:20170904081217j:image

 

とはいえ雑草なので全て引き抜きました。

 

 

 

これがストリートだ。

どうも。Airtomです。

 

突然なんですけど、僕って趣味が特に何もないんですよね。

 

というより、何かにハマってはすぐ飽きてしまう鉄みたいな性格のせいで、いまだに続けていることが「音ゲー」くらいしかありません。

 

ここで今回の話に入る前に、今まで始めた趣味と、これで辞めたであろう理由をいくつか紹介します。

 

切り絵(カッターで何回もけがをしたため、汗かきなのでカッターが滑る、飽きた)

 

ヨーヨー(練習してると手が真っ赤になる、速攻飽きた、そもそもなぜ始めたのかわからない)

 

ミニ四駆(行けるところまで行った気がしたから、近所のサーキットが次々閉店したため)

 

オタマトーン(不定期ではあるがいまだに続けている上、即興演奏まで可能に)

 

カホン(自作までしたが、近所迷惑を考慮して演奏しなくなり現在は椅子として再利用されている)

 

音ゲー(いまだに継続、そもそもこれを趣味といっていいのだろうか)

 

このブログ(思ってたより書くことがなく、ご覧の有様)

 

ペニー(最近始めたが、大怪我(左手、左手首、左腕、右膝の擦り傷、両肩の打撲)のため休止中)

 

こんなところでしょうか。碌な理由がありませんね。

 

そんな僕が今回始めようと思った趣味はズバリ...

 

「けん玉」です。

 

◾️まず

みなさん、けん玉したことありますか?ていうか、けん玉を知ってますか?

 

皿が三つある剣と穴の開いた玉が紐でくっついてるあれですよ?

 

ちがうんです。

 

バカにしてるわけじゃないんです。

 

しかし、僕と同じ世代だとすると、もう小学校ではDSが存在し、家でみんなで集まったかと思えばモンハンなんて時代ですよ。

 

こんなハイテクなゲームが普及している中でけん玉を、お手玉を、めんこを、ベーゴマなどをしている人がいると考えられないのです。

 

だって面白れぇもん。モンハン。

 

ちなみにベーゴマは僕もやったことないです。

 

 

 

◾️なぜけん玉なのか

 

きっかけはyoutubeで見た動画でした。

 

「けん玉は今や、ストリート!」みたいなタイトルの動画を見かけ、「は?けん玉がストリート?何言ってんの?けん玉だぜ?もしかめがストリート?草ァ!草草の草ァ!」とか思いながら鑑賞したところ...

 


ストリートけん玉って?

 

 

 

マジでストリートやってました。

 

はっきり言ってすごくカッコイイ。

 

「なにあれ?僕の知ってる技一つもやってないんだけど。もうヨーヨーの技と大差ないじゃん。けん玉のデザインもカッコイイの多いし!なにこれ!カッコイイ!」って声出して叫びましたね。

 

カルチャーショックですよこんなの...なにがストリートなのかは僕に聞かないでください。感じてください。

 

これがストリートです。

 

何より一番びっくりしたのは外国の人も沢山けん玉選手権にエントリーしてたことですね。

優勝もしてるらしいじゃないですか。すごいですね。いつの間にかけん玉はあんなにグローバルに広まっていたんですね...

 

先述の通り、僕はハマりやすく飽きやすい人間です。こんなものを見せられては思うことは一つしかありません。

 

「俺もあんなことしてみたい!けん玉によってストリートに染まりたい!モテたい!

 

いくつかありましたね。すみません。

 

 

 

 ◾️けん玉を手に入れよう!

 

そうと決まれば、早速けん玉を買おうではありませんか。

 

でもけん玉ってどこで買えばいいのでしょう?お菓子を買いたかったらおかしのまちおか、それ以外なら東急ハンズみたいな思考の僕はまぁ東急ハンズ行けばあるだろと思いました。

 

ですが...

 

 

...そんなないのな...けん玉...

 

あるにはあったんですけど、皆さんが想像している剣がありのままの木の色、玉は赤色みたいな「THE けん玉」みたいなのしかありませんでした。

 

   

 )+(

      |

         ↖THE けん玉みたいなの

 

違うんですよ。

 

僕が欲しいのはあのストリートのカッコイイやつなんですよ。

 

あのカッコイイやつ。

 

後日調べたところ、渋谷にある「430(フォーサーティ)」というお店でけん玉を取り扱っているようなので、直接購入しに行きました!

 

430(フォーサーティ)&BMX通販 DECADE ONLINE STORE

 

いやー、買いましたね。いい買い物しました。

 

4000円くらいしたけど。

 

それでも、材質とか考えたら全然高いとは思いません。

 

値段の相場は上記のサイトを見ればわかるかと思います!カッコイイのたくさんあります!

 

値段がそんなに高くないと、手が出しやすいですよね。僕は同じ理由でハンドスピナーに一時期ハマったんで...

 

僕が買ったけん玉はこんな感じです。

 

f:id:airtom:20170815235607j:plain

 

 

カッコイイ!!いい!いい!(語彙力)

 

玉に一本線があり、グリップになっているのがお気に入りポイントです。

 

グリップがあると「うぐいす(剣先に刺さないでその手前で固定させるやべー技。上級技です。)」などの技の成功率が上がるらしいです。

 

その技をするのはまだ先になりそうですけどね。

 

剣先にすらまともに刺せないし。

 

写真の黒の玉止めはけん玉を購入すると無料でついてきました!優しい!これあると持ち運びやすくてとっても便利です。

 

やはり持ち運びの良さはストリートにおいて大事ですからね(?)

 

持ち手のきんぴかシールにもある通り、このけん玉は「グローバルけん玉ネットワーク」に認定されたものらしいです!

 

大会とか出られるんですよ!きっと!

 

あとは、玉の穴、大皿、中皿、小皿(剣にあるへこんでるやつ)が若干大きめになっているので、初心者にも最適らしいです!

 

全部店員さんがやさしく教えてくれました!やったぜ!

 

写真のけん玉が若干傷ついてるのは、毎日練習しているからです。これが意外と続くんですよ。

 

木のいい香り、音、痛みのなさ、天候に左右されないのが続けられる要因としては大きいと思います。

 

カンカン遊ぶの楽しいですよ。

 

けん玉に傷がつくほどその人らしい味が出てくる気がします。

 

僕はまだ「飛行機(玉を持って剣をクルってやる技)」や「灯台(玉の上に剣を乗せる技)」までしかできませんが、もっと練習して難しい技をCOOLに決めて、ストリートになろうと思います(?)

 

 

 

◾️まとめ

 

趣味が特にないみなさんにもおすすめです!(失礼)

 

一緒にけん玉を始めて、僕とけん友になりましょう!モテましょう!おいそこ早速スマホゲームすんな!課金は悪い文明!

 

さ、僕は種火周回をしなければいけないのでこの辺で失礼します。

 

僕がいつの間にかけん玉をやめていたら盛大に「ちょwお前wもう飽きたのかwwwww雑魚wwww」とdisってください!

 

それでは!

 

 

p.s. 「ふりけん」だけはマジで怖い。球体がこっちに飛んでくる。怖い。