読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また日が空いてしまった

僕はネットこそが真の憩いの場なので、GWは本当にすることがありません。

 

なので、また更新頻度を上げようと思います。

 

「お前前回もそんなこと言ってなかった?」

とか言わないでください!!絶対気のせいだから!!

 

てことで、よろしくお願いします。

「記事書けや」と催促されたので近況報告

お久しぶりです。Airtomです。

 

さきほど、はてなブログさんからこのようなメールが来ました。

f:id:airtom:20170403180846p:image

すいませんでした。 

 

違うんですよ。決してはてなブログの執筆に飽きてしまったわけではないのです。

ただ、

「記事にするほどの事が起きていない」

のです。とはいえ、流石に一ヶ月は空けすぎましたね...

 

これからは更新頻度を重視して記事を書いてみようかなと思います。よしなに!

 

 

◾︎風邪をひきました

 

早速ですが、今現在風邪を患っております。こうやって記事を書いたりすることはできたり、精神的には健康そのものなのですが、何故身体がついて来ません。タラタラと鼻水は出るわ喉はイガイガするわ熱っぽいわだるけがするわで満身創痍です。

 

生活リズムは全く乱れていなかったのですが...迂闊でした。今は嫌いで仕方ないマスクを装着しています。「予防接種を受けたからインフルエンザにはかからないのDA!HAHAHA!」と言っていた自分を殴りたいです。きっと残りの春休みは全て布団の上にいることになるでしょう。この記事誤字ってたら御一報ください。

 

◾︎アイコンを変更しました

 

布団の上でぽちぽちやりました。

f:id:airtom:20170403181709j:image

 

この「ちまっとした感じ」がどうしようもなく好きなんですよね〜。作って欲しい人とかいない?俺作るよ?すぐ作るよ?頼んでよ...

 

そろそろ寝ないとおでこで目玉焼きが焼けそうになるのでこの辺で。

 

もうこの「遠足前日現象」をなんとかしたい

Airtomです。

 

今日はこんな早い時間から失礼します。というのも、僕は今日徹夜をしました。不本意です。非常に不本意です。僕は基本的に徹夜は好きではありません。だって、体調悪くなるじゃないですか。免疫も下がるし、徹夜明けの日は気力が出ません。しかし思いの外この時間に書く記事は気持ちがいいものです。そんな徹夜嫌いな僕がどうして徹夜をしてしまったのか..それは「遠足前日現象」にかかってしまったからです。僕はこの現象に大変困っております。

 

名前を聞いて大体の想像ができる方もいるかと思います。そうです

 

「遠足の前日は楽しみで全然眠れなくなる」やつです。

 

僕の場合は、中学校時代の友達と四年ぶりに、しかもダーツをしに行くということでもう楽しみで楽しみで!!いやぁこの時間まで起きていてしまいました。

 

本当に困ります。こういう予定があるほどしっかりと寝てコンディションを整えるべきであるにもかかわらず、すっかり日の出を見てしまいました。あちゃー。まいったね、どうも。

 

今から寝てもいいのですが、寝坊の可能性が浮上するので止めておきます。僕は寝ぼけてアラームを消すクセがあるようなので、ごくまれに友人に迷惑をかけてしまうこともあります...本当に申し訳ない。

 

でもみんななんでそんな元気なの!?あの現象起きないの!?免疫があるの!?ずるい!

 

もっと語ろうと思っていたのですが、眠くなってきたのでこの辺で。

 

眠れないけどきっちり眠気があるのがタチ悪いです。

 

それでは。

なぜ僕には彼女ができないのか冷静になって考えてみた

Airtomです。

 

今日は、数少ない僕の親友が「魔剤グミ」なるものを作って持ってきてくれました。文字通りモンスターエナジーを煮詰めてグミにしたものなのですが、味は甘めかつ、しっかりとモンスターエナジーの「なんかがんばれそうな味」がしたので、僕はとても気に入りました。欲を言えば、もう少し弾力があるともっとおいしいのではないかと思いました。親友曰く「濃縮してるときは生きた心地がしない」そうです。お大事に。

 

本題に入りましょう。

 

いやー、彼女、ほしいですね。彼女がいてもいなくてもつらいことや厳しいことはありますが、そんなことも彼女さえいればぶっ飛びそうです。かのじょの ちからって すげー!

 

最近は課題、イベント、その他色々なことに追われ決してゆっくりとは言えない生活を送っています。そんな余裕のない今僕が思うことといえば...

 

「あっ、俺彼女ほしい。今すげぇほしい。」

 

そう、僕は心のよりどころである「彼女」というものが無性にほしがる状態なのです。

しかし、僕には彼女がいません。今の僕のすることといえば、画面の向こう側にいるかわいい女の子の撮影会をしつつ、現実で彼氏彼女といちゃつく友達を見ては、なごんでいます。どうしてあの人たちにできて、僕には彼女ができないのだろう...俺には砂糖菓子のように甘い恋愛をすることはできないのだろうか...そこで今日はその理由を冷静に考えてみました。この記事は文字数2400字以上の記事です。お暇なときにどうぞ。

 

1.そもそもそんなに必要としていない

 

これが一番の原因でしょうなぁ。というのも彼女がほしい状態には波がありまして、彼女がとてつもなくほしい状態と別にそうでもない状態があるんですよね...今はめちゃくちゃほしいです。この波は「私生活の忙しさ」に比例していると思います。今のようなイベントや課題で大忙しのときほど彼女をほしがり、課題などがなく、心に余裕があるときは欲しいと思わないのです。当の本人が彼女を欲しがらないとなると、できるものもできないというわけです。

 

2.女性と話すのが苦手な上にやたら早口

 

あっちゃー。これはかなり痛手ですね。まず僕の在籍している学科には恐ろしいほど女性がいません。それもあってか、共学だった高校のころと比べて明らかに女性と話をする機会が減少しています。もう女性とかかわる機会なんてネットくらいですよ。ほんと。こんな状態でいざ女性と話すとなると何を話していいかわからずコミュ障顔負けのどもりを晒してしまう上に、なぜかいつもの「オタク特有の早口」はしっかりと発動しています。これを見せつけられたら女性の方も「なにこのオタクこわ...かかわらないほうがよさそう」と思われてしまっても仕方ありません。

 

3.私服が謎

 

僕は帽子が好きで、ほぼ毎日帽子を被って生活しています。授業中と家にいるときはかぶっているといっても過言ではないでしょう。しかし、問題はそれに合わせた私服です。のびのびのセーター、謎の蝶ネクタイ、チノパン、ワイシャツ、МA-1、モッズコートを愛用しています。謎ですね。とにかく謎です。MA-1で中途半端に流行に乗り、蝶ネクタイで個性をぐっと出しています。友人には「お前の本体は帽子」だといわれる始末...誰か僕と服を買いにショッピングにいきませんか?シティボーイになりたいです(切実)

 

4.顔

 

やっぱり顔がよくないと中身なんて見てもらえません。しかし、これに関してはどうしようもありません。僕は自分の顔好きですけどね。親から授かったお顔ですから。メスも入れたくないです。今は肌のケアを真面目に取り組もうかと思います。唇の乾燥もなんとかしないと...

 

5.他の人がいるからほしいだけなのでは

 

完全に否定はできません。友達に彼氏彼女ができることは喜ばしいことですし、正直うらやましいです。その友達は彼女ができてからはスマートフォンを操作する時間が増えたと思いますし、心なしか、見せてくれる笑顔も増えたのではないかと思います。いい笑顔じゃねぇか。今が不幸だとは言いませんが、彼氏彼女がいる人があそこまで幸せそうにしているとこっちも欲しくなるという気持ちもあると思います。ですが、それは「幸せ」がほしいのであって「彼女」がほしいということではないのではないか?と聞かれてしまっては何も言えません。何も言えないのが原因の一つだと考えます。

 

6.過去のことを引きずっている

 

僕にはかつて付き合っていた人がいました。まあ最終的に別れてしまったのですが、何故付き合っていた期間が長かったものですから、なかなか忘れようとしても忘れられないのです。未練たらたら、の自覚はないのですが、なにかあるとする思い出がフラッシュバックしてしまい大変困っています。今となっては障壁といっても過言ではありません。しかし、完全に忘れる必要もないのではないかと思う自分もいます。過去の失敗したことを踏まえて次の恋愛に挑戦すれば、よりうまくやっていけるのではないかと考えます。しかし、僕の場合、記憶が鮮明すぎて新しい恋愛に集中できないレベルなのです。

 

7.自分に自信がない

 

僕は常に、自分に自信がありません。過去の失敗もあってか今はどう女性とかかわっていけばいいのかすらわかりかねます。もうどうしましょう。資格とかを取得すると自信が持てます。目に見える努力の勲章ですからね。資格は。

 

 

以上の点も踏まえて、「僕はもうしばらく彼女はできないんだな」という結論に落ち着きました。原因は多少判明はしたものの、対策が全く思い浮かびません。これが僕が僕であるが故の性なのでしょうか。

 

いや、もしかするとそんなに深く考える必要もないのかもしれませんね。恋愛に失敗だからといって、変に慎重になっているから余計できないのではと思ってしまったり....

 

いやー、でも彼女、ほしいなぁ。

 

もう少し単純な気持ちで考えてみようかと思います。複雑だと思い込んでいるだけで、実は思っていたよりもずっと単純なことってあると思います。恋愛もその中の一つかもしれませんね。

 

今日はこの辺で、それでは。

僕がツイキャス専用アカウントを破壊した理由

Airtomです。

 

突然ですが、僕は約二か月ほど前にツイキャス専用アカウントを破壊しました。

その理由をつらつらと書いていこうかなと思います。今回の記事は文章のみで単調なので、時間があるときにでも読んでください。

 

理由を書く前に、以下の文章は僕の意見、考え方をありのまま書いてあります。考え方は人それぞれですので、「あっ、この人はこういう考え方なんだ」くらいに思っていてください。

 

僕がツイキャスアカウントを破壊する理由を挙げる前に、どうして僕が本アカウントで配信せず、ツイキャス専用アカウントを開設したかの理由を説明します。

 

1.リア友に見つかりたくなかったから

なんか恥ずかしかったんですよね...自分が配信しているのをネットの人以外に見られるのが。今となっては全く抵抗がありません。

 

2.「専用アカウント」というものを持ちたかった

完全に中二病精神というか、そんな感じです。

 

以上が開設した理由です。意外としょうもない理由です。

 

さて、本題の「なぜ専用アカウントを破壊したのか」について話します。

 

理由は大きく分けて三つあります。

 

1.本アカウントに誘導できない

しばらく専用アカウントで配信を続けていたのですが、本アカウントからネットの知り合いだけを誘導するのが至難の業ですし、専用アカウントのリスナーを本アカウントに誘導するのも難しいんですよね...

 

 

2.専用アカウントでの人間関係に面倒くささを感じた

これがほとんど破壊した理由です。ネットにも人間関係はあります。この人とこの人は仲が悪い、とか、この人とこの人はリア友、とか、いろいろありますよね。そのくらいだといいんですが、「○○は××と絶縁しているから○○のリスナーなら××のキャスに行ってはいけない」とか「今□□が病んでいるから枠にいないとまずい」のような事象が発生し、それが僕には耐えきれませんでした。僕はネットの「年齢や男女の垣根を超えて自由に活動できる」というところが好きでやっていたので、余計ダメージが大きかったです。ましてや、Twitterのような「関係をじぶんの都合でカスタマイズできる」という利点があるにもかかわらず、他人の様子をうかがいながら活動するのに面倒くささと疲れを感じて破壊した次第です。

 

 

しかし、僕にも非はあります。自分の言いたいことを言わずに関係の安定だけを図った結果起きたことだなと思っています。今のアカウントでは言いたいことは素直に言うようにしています。

 

「ネットはネットなのだから、自分の言いたいことを発信しよう」

と思えた点においては、破壊してもよかったなとも思います。

 

以上が破壊した理由です。ネットの人間関係なんて炎上さえしなければ特に気にしなくてもいいですね。

 

 

だれでも「ΩND」できる画像を作成しました。

 

あじゃどう!Airtomです。

 

突然ですが、チートバグ動画をよく見たりしますか?

チートバグ動画の説明は割愛しますが、僕は西村京太郎ミステリー スーパーエクスプレス殺人事件のチートバグがとても好きです。

 

f:id:airtom:20170228223749j:plain

 

これです。これこれ。これが俗にいう「ΩND(エンド)」ですね。

「辻先生の寄生」、「FFⅩの顔芸」、「ほくと」も好きですが、「ΩND」はその中でも群を抜いて気に入っています。

 

みなさんは、こんなことを思ったことはありませんでしたか...?

 

「ΩND」の顔のところを好きなのに変えてみたいなぁ..

 

僕は思いました。しかし、このゲームは昔のゲームですし、解像度があまりよろしくありません...検索もしてみましたが、使いやすそうな素材画像がありませんでした。

 

なので

 

作りました。

 

f:id:airtom:20170228225449j:plain

 

ご存じの方もいるかとは思いますが、僕の趣味はドット絵を打つことです。このくらいは楽勝です。色は若干違うかもしれませんが、ほとんど「ND」なんじゃないかなぁとは思います。

ど どこがだあッ!?

著作権はフリー。ご自由にお使いください。

 

あとはこの画像に背景が黒、または透過色になっている画像を貼り付けるだけです。ない場合は作りましょう!

 

ここからは僕がその画像を用いて作ったクソコラを紹介します。

 

f:id:airtom:20170228230918j:plain

 

バグ仲間で辻先生を貼り付けました。「ΩND」のいいところは、「どんな状態でもこの画像一つで強制的に終わらせられること」です。この画像からは「丁寧に料理を教わっていたのに、途中で強制終了されてしまった」という背景がうかがえます。こころなしか「テレレー、テレレーレーテレ―♪」というメロディが聞こえてこないでしょうか...?僕には聞こえました。たぶん末期です。

 

f:id:airtom:20170228231615j:plain

 

一応南先生でも作ってみました。同じく料理を強制終了させた背景が浮かびますね。ものすごい分量の指示を受けた挙句強制終了されてそう。うん。

 

f:id:airtom:20170228232244j:plain

「塩の恋人」ことNusretさんを登場させました。背景もなにも、塩を振るのが最後の工程なので、この画像がまさに「終了」を意味しているでしょう。いやぁそれにしてもしっくりくる。

 

f:id:airtom:20170228233500j:plain

 

最後は「イラストや」からの参戦です。極力、元画像のようなキャラクターを探してみたのですが、似ても似つかないやつしかいませんでした。にしてもしっくりきますね。

 

今日は書いていてとても楽しい記事でした。4つのコラ画像を作っているときなんて満面の笑みでしたからね、僕。

 

よかったら皆さんもこれを使って楽しい「ΩND」ライフを送ってください!

 

...需要の話はしてはだめですからね。

 

それでは。

 

 

みなさんは、「これ」知っていますか?

Airtomです。

 

f:id:airtom:20170227183347j:plain

 

まだまだ寒い日が続きますね。僕はこんな寒い日には、モッズコートをこのように上までファスナーを上げるのですが、はたから見たら完全に陰湿な変態です。しかし、これがあったかいのです。

 

話は変わりまして、久々に「これ」を見かけたので、「これ」の話をします。

f:id:airtom:20170227184546j:plain

 

みなさんは「これ」、知ってますか?

こんにゃくの化石?ブー、違います。

祖母の墓石?ブー、それも違います。

 

これは「境界石」といって、どこまでがその人の土地かを記すものです。これがないと、隣人とのトラブルのもとになったり、最悪裁判沙汰になったりと...

 

設置自体は簡単らしいですので、心配な方は設置してみるのもいいと思います。

最近は、場所の関係で地面に埋め込んであるものや、細いものなどがのどなので、このタイプの境界石が見つかってとても興奮しました。

 

おそらくそこらじゅうに設置されていると思いますので、よかったら見つけてみて下さい。

 

昨日投稿さぼってすいませんでした...w